研伸館HSとは

研伸館ハイスクールは、今学んでいる高校の授業に合わせたカリキュラムで指導する「準拠型」の学習塾。高校の授業内容をしっかり定着させ、定期テストでの成績アップを目指します。各地区の公立高校の近くにあり、部活との両立がしやすいことも特長です。

指導方針3つのポイント

1.定期テスト前は、試験勉強だけやればいい。

「定期テスト前は塾の勉強が負担だ」という高校生の声をよく耳にします。「定期テストの勉強に集中したい」そんな思いに応えるため、研伸館HSでは2020年度から、テスト前の2週間は通常授業をストップし、「定期テストサポート週」として定期テスト対策のサポートを行います。大学受験において内申点は今後より重要になりますので、定期テストでしっかり結果を残せるようサポートしていきます。

2.部活に熱心な人も、HSは応援します。

研伸館HSは、部活と勉強の両立を応援します。
授業開始は原則19:30以降のため、部活動後でも無理なく受講できます。大学入試改革により、高校での学習や部活動などの記録を生徒自身が電子データにまとめる「e-Portfolio(イーポートフォリオ)」を入試でも活用する大学が増えます。高校では、勉強以外の活動にも力を入れてほしいと思います。

部活との両立のために

―映像フォローサービス―

研伸館HSでは、欠席者のサポートの一環として、ホームビデオカメラで普段の教室授業を録画しています。そのため、部活や体調不良で出席できない日があっても、後日収録された授業を見ながらリカバーすることが可能です。

3.学校の授業の理解度を高める「高校準拠講座」。

研伸館HSの「高校準拠講座」では、校舎の近くの公立高校のカリキュラムに合わせて授業を進めます。研伸館HSで学んだことを学校の学習で活かし、学校の内容の定着をHSで行うことで、相乗効果が生まれ、効率良いサイクルで学習できることで、成績アップにつながります。

また研伸館HSの講師の多くは、小・中学生を対象に高校受験指導を行っている「開進館」でも授業を行っています。公立高校を知り尽くした経験豊富な講師が生徒一人ひとりを見つめながら指導することで、志望校合格へとつなげます。

準拠講座開講高校

  • 市立西宮高校【グローバル・サイエンス科】(西宮北口校)
  • 市立西宮高校普通科(門戸校・西宮北口校)
  • 神戸高校【総合理学科】(岡本校)
  • 西宮東高校(鳴尾校)
  • 県立西宮高校(甲東園校)
  • 宝塚北高校【グローバルサイエンス科】(ソリオ宝塚校)
  • 宝塚北高校普通科(ソリオ宝塚校・逆瀬川校)
  • 宝塚西高校(逆瀬川校)
  • 三田学園高校(三田校)
  • 御影高校(御影校)
  • 箕面高校(豊中緑丘校)
  • 北千里高校(千里中央校)

Pickup
双方向オンライン講座
合格者の声
よくいただくご質問
合格実績